FC2ブログ
ジェミニの英語トレーニングのブログ
 英語のトレーニングについて、いろいろと試しています。 効果のあったものを少しずつ載せていきたいと思います。
David Kirkpatrickの"The Facebook Effect"を読みました。
2013年01月18日 (金) 23:54 | 編集
 しばらく、以前から読んだ洋書の感想をアップしていきたいと思います。

 最近は、職場でも若い人を中心に話題になることが多いフェイスブックについてですが、David Kirkpatrickの"The Facebook Effect"(邦題:フェイスブック 若き天才の野望)を読みました。

The Facebook Effect: The Inside Story of the Company That Is Connecting the World

 ハーバード大学の学生だったマーク・ザッカーバーグは、まず、自分が選択しようとする科目を誰が選択しているかを調べるCourse Matchというソフトをコーディングし、その後、同性の2人の顔写真を並べて、どちらが、良いか選ぶというプログラムを作成しました。
 これらのソフトやその頃のソーシャルネットワークサービスを土台に、Facebookが誕生したとのことです。Facebookは実名主義で、メンバーが自分の行動や友人をウェブにアップしたりでき、従来のハンドル名でのソーシャルネットワークサービスとは、異なるものとなりました。

 facebookのメンバーは、最初、ハーバード大のみ、その後、アイビーリーグの大学や、その他、有名校に広がり、現在では、誰でも、メンバーになることができます。

 前半は、facebookの開発が中心ですが、次第に、会社も大きくなり、後半は、facebookの経営などを中心とした内容となっています。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.