FC2ブログ
ジェミニの英語トレーニングのブログ
 英語のトレーニングについて、いろいろと試しています。 効果のあったものを少しずつ載せていきたいと思います。
Jaffrey Archerの"Kane & Abel"を読みました!
2010年01月07日 (木) 23:28 | 編集
 Jaffrey Archerの"Kane & Abel"を読みました。この本、新潮文庫では数十年前に読んだ覚えがあります。結構長くて読むのが大変でしたが、2年前のブックフェアの洋書バーゲンで見つけたので、これまで、放ってありました。

 昨年末から読み始めて、先ほどやっと終わりました。550ページある本なのに、結構、すらすら読めたのはプロットがしっかりしていて、面白かったからだと思います。

 1906年の同じ日に、ポーランドの貧しい村の川のほとりで、ある女の人が男の赤ちゃんを生んだ後、死んでしまいます。その赤ちゃんlは、貧しい家に拾われ、Wladekと名付けられて育てられることとなります。

 一方、Kaneは、アメリカの裕福な銀行員の家庭に生まれ、何不自由なく育てられます。

Kane and Abel
 Wladekは、戦争により、家族を失い、大変な苦労をしたうえで、アメリカに渡り、Abelと改名しました。一方、Kaneは順調にエリート銀行員への道を歩み始めます。別々の世界の二人が事態に接点を持つこととなりますが、誤解などにより、二人の間にはいろいろとトラブルが起こります。

 第一次大戦前から第二次大戦後までの時代背景の中で、移民として蔑まれたりしながらも、大変な努力をして、ホテル王に上り詰めるAbelと、エリートの家庭に生まれて、銀行で出世をとげるKaneとのお話は本当にスリリングで、話もテンポよく進みます。さすが、Archerの代表作です。一気に読めてしまいました。

 どうも、Archerのファンになったようです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.