FC2ブログ
ジェミニの英語トレーニングのブログ
 英語のトレーニングについて、いろいろと試しています。 効果のあったものを少しずつ載せていきたいと思います。
「退屈力」を読みました
2008年12月03日 (水) 23:38 | 編集
 斉藤孝さんの「退屈力」を読みました。

 現代は、テレビ、ゲームなど退屈する暇がないほど刺激に満ちあふれている。これは外からの刺激で脳を興奮させ続ける社会である。

 一方、武道やスポーツ、習い事などは、型をマスターするために決まり切った練習をする。また、数学などの勉強でも、数多くの問題をこなす。どちらも、退屈なルーティンに見えるが、体を使っての完璧な技化を目指すもので、うまくいかなかったときに自省するという意識が出てくる。

退屈力 (文春新書 628) (文春新書)
 読書なども幅広い考えを身につけ、忍耐力が身につく物として重要とのことである。

 小学生に、古文の現代訳を読ませてから、古文を音読させると、古文の方がかっこいいというエピソードなど、やはり、本物のリズムは本物でしか味わえないと言うことでしょう。

 武道、書道、そろばん、俳句などの古来から日本にある習い事は、古い生活の退屈さを紛らわせるための素晴らしい知恵だったということのようです。

 これからの高齢化社会において、ますます、退屈とつきあうこのような習い事の重要性が増すようです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.