FC2ブログ
ジェミニの英語トレーニングのブログ
 英語のトレーニングについて、いろいろと試しています。 効果のあったものを少しずつ載せていきたいと思います。
Sex and the cityのリスニングに挑戦
2006年05月21日 (日) 23:53 | 編集
日曜日の深夜はLaLaTVの"Sex and the city"を観ています。
これを見たら、いよいよ休みも終わりだという気になります。
海外ドラマのディクテーションを続けたおかげでセリフすべてが聞き取れるわけではありませんが、大体のストーリーが追っていけるようになりました。放送が始まったシーズン1の頃はセリフが速くて、ほとんど分からなかったのに。ディクテーションを続けてきて良かったと思います。
今回は、このドラマで気になる表現をピックアップします。

セックス・アンド・ザ・シティ シーズン 6 vol.2
Battery is dead 電池が切れている。

 サマンサがバイブレーターの電池が切れたとか言っていました。カップル達が夕食を食べている場面であまりにもあけすけにこんな話をするのはやはりニューヨークだからでしょうか。

You live in the fantasy. あなたはおとぎの世界に生きている。

 ミランダが、キャリーが恋人とパリに行くのを引き止めるときに言ったせりふ。
キャリーは友達皆がそれぞれ結婚したりしていい生活をしているのに、自分はいつまでもニューヨークでコラムを書くより、パリで新しい生活をしたいといいます。
 そのとき、ミランダが上のセリフを言います。.
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.