FC2ブログ
ジェミニの英語トレーニングのブログ
 英語のトレーニングについて、いろいろと試しています。 効果のあったものを少しずつ載せていきたいと思います。
洋画、海外ドラマのスクリプトの入手法その2
2006年04月02日 (日) 00:43 | 編集
前回、ネットで洋画、海外ドラマのスクリプトを手に入れる方法をお伝えしましたが、どの映画、どのドラマの場合もあるわけではありません。

 お気に入りの洋画のDVDのディクテーションをしてみたいと思ったとき、答え合わせの時いちいち、DVDを一時停止して、字幕を読んで答え合わせするのでなく、すぐにスクリプトが手に入ればすごく便利と思いませんか。

 さて、今回は、パソコンソフトを使ったスクリプトの入手法をお伝えします。パソコンにDVDドライブがついていれば、この方法が使えます。

caption DVD(発売記念 書籍同梱版)
使うソフトはスクリーンプレイのcaption DVDというソフトです。
OSは、Windows 95/98/2000/NT4/ME/XPです。

http://www.captiondvd.com/index.html

 パッケージ版は5,250円です。

 ダウンロード版はベクターの以下のウェブから手に入ります。こちらは3,675円と安いです。
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se201731.html

 自分も手持ちのDVDから字幕を吸い出してくれますので、それをWordに張り付けて、体裁を整えれば、そのDVD用のスクリプト集が簡単に作れます。あとはディクテーションをして、これで答え合わせをするだけです。

 これはディクテーション用のみでなく、スクリプトの範囲を指定してリピート再生ができますので、ディクテーションしてみて気に入ったセリフを俳優になりきってリピートするトレーニングも簡単にできます。くわしい機能などは、上のcaption DVDのウェブをごらん願います。

 ただ、ディクテーションしてみると分かりますが、DVDの英語字幕も完全ではありません。
ときどき、長いセリフは省略されたり、別の言葉で言い換えてある場合があります。

 また、パソコン用DVDプレーヤーで表示される英語字幕を文字認識してスクリプトを作成していますので、どうしても、読み間違いなどが起きます。これの対策として、(株)スクリーンプレイでは、修正データをcaption DVDユーザーに提供しています。修正データ一覧は以下の通りです。現在、洋画、海外ドラマで1000タイトルあまり提供されています。
http://www.captiondvd.com/ccidata/data/movietitles.csv

 使ってみた感じでは、読み間違いは1ページに1カ所ぐらいなので、そんなに気にならないです。

 自分は何本かの洋画、海外ドラマをこのソフトでスクリプトを手に入れてディクテーションしましたので、十分に元をとったと思っています。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.