FC2ブログ
ジェミニの英語トレーニングのブログ
 英語のトレーニングについて、いろいろと試しています。 効果のあったものを少しずつ載せていきたいと思います。
"The girl who takes an eye for an eye"を読みました。
2019年05月02日 (木) 16:23 | 編集
 3月中旬から読み始めたこの本、1/3ほど読み進んで、途中、年度末にかかり、ほとんど読めない日が続きました。

 今回、新たな登場人物が多く、1ヶ月ほど経って読もうとしたら、登場人物が分からなくなりました。ネットにてcharacter listで検索しても、出てこなくて、仕方なくエクセルで作成しました。ところが、Kindleで、登場人物の名前を長押しすると、X-Ray機能で、登場人物が現れる場面のリストが出てくるのですね。今まで使っていなかったこの機能、今後は活用したいと思います。

 さて、感想は以下のとおりです。
 
 半分ほど読んだところで、次第に面白くなってきました。刑務所にいるLisbethは、そこで刑務所を支配するBenitoがFariaをいじめているのを見て、ある行動に出ます。また、刑務所外では、Lisbethに関わる人に大変な災難が。

 後半は、遺伝と環境についての社会実験の話が中心となり、時間が現在から、過去に行ったり来たりして、ちょっとストーリーを追いにくかったのですが、楽しめました。

GIRL WHO TAKES AN EYE (MILLENNIUM SERIES)
Powered by . / Template by sukechan.