FC2ブログ
ジェミニの英語トレーニングのブログ
 英語のトレーニングについて、いろいろと試しています。 効果のあったものを少しずつ載せていきたいと思います。
SkypeでNative Speakerの方とボイスチャット
2010年09月30日 (木) 23:07 | 編集
 昨日、Skypeにて、初めてNative Speakerの方とボイス・チャットをしてみました。

 インターネット上のSkype Communityサイトに自分の自己紹介を書いて、Skype IDを登録すれば、関心を持った方が呼びかけてくれます。一昔前のペンパルサイトに登録して、E-mailを交換するのが、Skypeになってより簡単に素早くNative Speakerの方とコンタクトが取れます。
≫ "SkypeでNative Speakerの方とボイスチャット" の続きを読む...
Skypeのトラブル解決しました。
2010年09月29日 (水) 22:24 | 編集
 多読の酒井先生のウェブでは、最近、英語版のSkypeおしゃべり会が盛んに行われています。
tadoku.org

 2年ほど前にSkypeをちょっとやってみたとき、あまりに発言者の方のエコーがひどくて、ドロップアウトしたことがありました。

 9月18日(土)の晩、酒井先生の英語版Skypeおしゃべり会がありましたので、ちょこっと参加してみました。
やはり、2年前と同様に、発言者のエコーがかかって、すごく聞きづらかったです。ひどいエコーにも関わらず、我慢して、なんとか、Skypeオフ会に参加しましたが、これはなんとかしなくてはと思いました。
≫ "Skypeのトラブル解決しました。" の続きを読む...
副島隆彦さん、植草一秀さんの「売国者たちの末路」を読みました。
2010年09月20日 (月) 18:52 | 編集
 副島隆彦さん、植草一秀さんの「売国者たちの末路」を読みました。
この本の著者の一人である植草さんは、痴漢冤罪により、大変苦労されたとのことでした。

 かつての小泉首相による郵政民営化は、郵便貯金により蓄えられた日本の資金をアメリカへ流出させるためにアメリカが仕組んだことであったとか。

 またまた、以前あった中川財務相のもうろう会見も、当時、中川財務相がアメリカのサブプライムローン問題に日本の資金を使うことに反対したために仕組まれたこととか。

 日頃のテレビ、新聞などのマスコミ報道が一方の視点のみで報道されており、自分もそれを当然のこととして受け入れています。しかし、このような本を読んでみるとまったく違った考え方もあるのだなと思ったりします。

 もちろん、この本で述べられていることをすぐに鵜呑みにすることはできないのですが、よくマスコミで言われていることと違った視点を持つには、貴重な本だと思います。

売国者たちの末路
辛坊治郎さん・辛坊正記さんの「日本経済の真実」を読みました。
2010年09月14日 (火) 21:37 | 編集
 何年も前から、日本は破産するという本が出ていますが、辛坊さんのこの本は、経済学をあまり知らない人にもさらりと読むことができます。

 経済の専門家からすると多少の誤りなどもあるかもしれませんが、私としては現在の日本経済の状況を知るには、良い本だと思います。

 経済に関しては、いろいろな考え方がありますので、これをきっかけとして他の本も読んでみたいと思います。

 日本経済の真実―ある日、この国は破産します
金沢多読オフ会に行ってきました。
2010年09月13日 (月) 00:10 | 編集
 半年振りに金沢多読オフ会に行ってきました。

 今回は、金沢のメンバーは全員参加、また、県外者は、私以外にかのんさん、グルメさんがいらして、にぎやかなオフ会でした。

 私は、フィクションでは、Stieg Larssonの"The Girl Who Kicked the Hornets' Nest"、Michael Crichtonの"Pirate Latitudes"、Dan Brownの"The Lost Symbol"、ノンフィクションでは、Daniel H. Pinkの"Drive"を紹介しました。
≫ "金沢多読オフ会に行ってきました。" の続きを読む...
Daniel H. Pinkの"Drive"を読みました。
2010年09月11日 (土) 22:13 | 編集
 Daniel H. Pinkの"Drive"を読みました。大前研一さんの邦訳は「モチベーション3.0」という題で出ています。

 書店でこの本を見たとき、邦訳の方が安かったので、邦訳と原作のどちらにしようか、少し迷いましたが、英語のブラッシュアップにもなるだろうと思い、こちらにしました。

 Daniel H. Pinkは、昨年、大前研一さんの訳で「ハイ・コンセプト」を読んで、すごく面白かった覚えがあります。

 さて、この本の表題の"Dirve"ですが、車でドライブするということでなく、人間の行動を突き動かす動機という意味で使われています。

 古くから人は、他の動物と同様に、生存するために行動してきました。この本では、このような行動形式をMotivation1.0と名付けています。

Drive: The Surprising Truth About What Motivates Us
≫ "Daniel H. Pinkの"Drive"を読みました。" の続きを読む...
やっとWindows XPをインストール
2010年09月10日 (金) 23:25 | 編集
 すごく久しぶりの更新となります。先週末から、Windows XPのインストールにバタバタしていました。

 職場の会議で○○システムは、Windows2000で、7月にサポートが切れるので、ネットに繋がないようにというお話がありました。そういえば、自分の自作パソコンもWindows2000だなと思いつつ、いつか、WindowsXPのCD-ROMを購入して、インストールすればよいと気楽に考えていました。

 ところが、パソコン・ショップに行っても、Windows XPのCD-ROMはまったく売っていません。つい、この間まであったような気がして、店員の方に聞いてみると、もう、新品のWindows XPは市場に出ていないとのことでした。
≫ "やっとWindows XPをインストール" の続きを読む...
Powered by . / Template by sukechan.