FC2ブログ
ジェミニの英語トレーニングのブログ
 英語のトレーニングについて、いろいろと試しています。 効果のあったものを少しずつ載せていきたいと思います。
Stieg Larssonの"The Girl Who Kicked The Hornets' Nest"を読みました。
2010年03月28日 (日) 13:45 | 編集
 Stieg Larssonの"The Girl Who Kicked The Hornets' Nest"を読みました。

 前作の"The Girl Who Played With Fire"で危機的な状況となったSalanderは、病院で手術を受け、快方に向かいます。一方、同じ病院に、Salanderに危害を加えたZalachenkoもかくまわれます。

 一方、スウェーデンの秘密警察の"The Section"は、国家安全保障の観点からZalachenkoの秘密が世に出ないように、いろいろと隠蔽工作を裏で行います。

The Girl Who Kicked the Hornets Nest
ジェミニ推定 総語数:253,984語 YL:8.5
≫ "Stieg Larssonの"The Girl Who Kicked The Hornets' Nest"を読みました。" の続きを読む...
MoonlightingのSeason1 Episode3のシャドウイング、音読開始!
2010年03月27日 (土) 21:24 | 編集
 3月23日(火)から、海外ドラマ"Moonlighting"のSeason1 Episode3のシャドウイング、音読を始めました。

 シャドウイングはなんとかできるのですが、現在、仕事が忙しかったり、送別会があったりして、音読はなかなかできていませんが、少しずつ、取り組んでみたいと思います。

 今回のエピソードですが、レーザー兵器を開発した会社が、政府の軍関係者にデモンストレーションをしたときに、事故が発生します。さらに、レーザー兵器の技術情報が他社に漏れてしまいます。

この会社は、ブルームーン探偵社の唯一のクライアントだったのですが、この事故や情報リークのため、MaddieとDavidは、この会社との契約を破棄されます。しかしながら、二人は粘り強く、捜査を開始します。

 舞台が80年代ですが、レーザー兵器などは面白かったです。

ソフトシェル こちらブルームーン探偵社 シーズン1&2 セット1 [DVD]
海外ドラマ"Moonlighting"が聴きやすくなりました!
2010年03月22日 (月) 22:57 | 編集
 先ほど、犬を散歩させながら、"Moonlighting"のシーズン1のエピソード3をMP3プレーヤーで聴いてみたところ、セリフが結構聴きとれるのに、びっくりしました。このドラマは、まだ、DVDで見ていないので、純粋に音のみで、セリフが分かったことになります。

 多分、このドラマのセリフの音読のおかげではないかと思います。

ソフトシェル こちらブルームーン探偵社 シーズン1&2 セット1 [DVD]
「英語多読者向け図書館・書店マップVer.2」の登録スポット数が350に!
2010年03月20日 (土) 10:25 | 編集
 平成20年1月末から、開設しています「英語多読者向け図書館・書店マップVer.2」の登録スポット数が、平成22年3月18日にとうとう350を超えました。350番目の投稿は、世田谷区立図書館英文多読リストさんの愛知県立大学学術情報センター長久手キャンパス図書館でした。

英語多読者向け図書館・書店マップVer.2

 皆さん、これまで、スポット登録にご協力ありがとうございました。

 今後とも、英語多読者向け図書館・書店マップVer.2をよろしくお願いします。
"Moonlighting"のSeason1Episode2の音読終わりました!
2010年03月18日 (木) 21:20 | 編集
 2月下旬から本格的に始めた海外ドラマ"Moonlighting"のセリフの音読ですが、今日、やっとSeason1 Episode2の音読が終わりました。

 このドラマ、Bruce WillisとCybill Shepherdの早口の会話が多いのですが、とにかく、あまりにも早いところはあきらめてできる部分だけ、少しずつ音読していきました。

ソフトシェル こちらブルームーン探偵社 シーズン1&2 セット1 [DVD]
≫ ""Moonlighting"のSeason1Episode2の音読終わりました!" の続きを読む...
Michael Crichtonの"Sphere"を読みました。
2010年03月16日 (火) 21:23 | 編集
 Michael Crichtonの"Sphere"を読みました。

 南太平洋の海底に沈んでいる謎の球体を調査するため、アメリカ本土から宇宙学者、数学者、生物学者などの科学者が集められます。理系の学者が多い中で、唯一、主人公のNormanだけは心理学者です。

 謎の球体を調査するうちに、海底基地ではいろいろな事件、事故が発生します。

 科学的な話としては、ブラック・ホールや海底生物、心理学などの話題が出てきます。自分にとって今回のCrichtonは、中盤まで話の展開が遅いようで、少し、読みにくかったです。

Sphere
古本屋で歴史書を買いました!
2010年03月13日 (土) 23:43 | 編集
 最近、歴史に興味が出てきて、以前、途中まで読んだりしましたが、引っ越しの際に処分してしまった歴史書を新たに古本の通販で買いました。

 世界の歴史に関する本はシリーズで各社から出ていますが、20巻以上もある物が多いようです。現代教養文庫の「世界の歴史」シリーズは全12巻というコンパクトな冊数で取りそろえることができました。このシリーズは学生時代に途中まで読んだことがあります。残念ながら、現代教養文庫の母体の社会思想社は現在存在しません。したがって、このシリーズは古本でしか手に入らない状況です。

 一方、河出書房の「新十八史略」は、学生時代に文庫版で完読したシリーズです。これも古本で手元に届きましたが、今回は、単行本です。どちらも、読むのが楽しみです。

H220313furuhon.jpg
春の陽気の中、海上の剱岳
2010年03月12日 (金) 21:55 | 編集
 ここ富山では、今年の冬の雪は、しつこく、つい、先日まで降っていましたが、今日はすごく良い天気で、伏木では海上の剱岳を拝むことができました。

 人工的な建物なども良いのですが、このような自然の風景は何回見ても飽きません。つくづく、このような美しい風景は、大切な財産だなと思います。

h220312-Tsurugi.jpg
3月7日の金沢多読オフ会に行ってきました。
2010年03月08日 (月) 00:23 | 編集
 3月7日は、金沢多読オフ会に行ってきました。

 オフ会に私がお持ちした本を少し紹介いたします。

1.児童書・児童用ノンフィクション・Manga
Darren Shan #7(Hunters of the Dusk)
DK Biography Marie Curie
Crayon Shinchan Vol.2

 "Darren Shan #7"は、この春にDarren Shanの映画が公開されると言うことで、最近、
読んだ物です。
 "DK Biography Marie Curie"は、図鑑Eyewitnessシリーズを出しているDK社の伝記で、フル・カラー
印刷で、最近の自分のお気に入りの伝記シリーズです。
 "Crayon Shinchan"はごぞんじ「クレヨンしんちゃん」の英語版ですが、読んで
ゲラゲラ笑うことができる貴重な洋書漫画です。

2.Nonfiction
"Outliers" by Malcolm Gladwell
"Big Bang" by Simon Singh
"Hot, Flat, And Crowded" by Thomas L. Friedman
"The Last Lecture" by Randy Pausch

 "Outliers"は、経済評論家の勝間和代さんが「天才!」という名で翻訳していますが、
仕事でひとかどのものになるには、10,000時間の練習が必要など、興味深いエピソード
がありました。
 "Big Bang"は、地動説、天動説の論争から、アインシュタインの相対性理論、Big Bang
の名残りの観測の話など文系の方にも分かるように丁寧に解説した天文学入門書です。
 "Hot, Flat And Crowded"は、これからの企業が生き残るには環境にも配慮する必要が
あるとの主張をされています。
 "The Last Lecture"は、ガンで余命幾ばくもないカーネギーメロン大学のRandy Pausch
教授の最後の授業の裏話などが述べられていました。

3.Fiction
"Deception Point" by Dan Brown
"Disclosure" by Michael Crichton
"Kane & Abel" by Jeffrey Archer
Millennium series "The Girl With The Dragon Tattoo" by Stieg Larsson

 "Deception Point"は、歴史ミステリーで有名なDan BrownのSFミステリーで、
Crichton同様、隕石や、古生物のうんちくがあったりします。
 "Disclosure"は、逆セクハラをテーマとしたお話です。
 "Kane & Abel"は、分厚いPBですが、Sheldon同様に読みやすいと思います。同じ日に
生まれた裕福なアメリカの銀行員の家庭に生まれたKaneと貧しいポーランドの村で拾わ
れたAbelが、とあることから宿敵となる話です。
 "The Girl With The Dragon Tatoo"は、Millennium seriesIで、スウェーデンが舞台の
ミステリーで昨年、日本でも邦訳の評判が高かった物です。

 あと、英語を話すようになっても、なかなか、話す機会がないということがありましたが、
最近、私が始めたfacebookのように、海外の方と英語で掲示板やブログなどで自分に興味
のあることの情報交換ができればよいなと思いました。

 私は、プリンさん紹介のArthur Ransomeの"Swallows and Amazons"は、いつか読んで
みたいなと思いました。
木村俊昭さんの『「できない」を「できる!」に変える』を読みました。
2010年03月05日 (金) 22:34 | 編集
 この本の著者の木村俊昭さんは、小樽市で市役所の職員として、小樽を活性化させるために、いろいろな企画を発案され、実行されたアイディアマンです。その手腕を買われ、現在は、農水省の企画官として、全国を飛び回って、地域の活性化に取り組んでいらっしゃいます。

 この本には、そんな木村さんの「楽しさ」を作り出すノウハウが詰まっています。今、閉塞感を感じているとき、どうすれば、皆でわいわいと楽しく活動できるかのヒントがあるかもしれません。

「できない」を「できる!」に変える
海外ドラマのセリフの音読は効果的かも。
2010年03月03日 (水) 22:22 | 編集
 最近、やっと海外ドラマの音読が少しずつ習慣になりつつあります。

使っている海外ドラマは、以下の"Moonlighting"です。

 主役のBruce Willis、Cybill Shepherdとも、早口の場合が多いので、あの人達の後についての音読は大変です。

何回、練習しても、今の段階でできないところは、どんどん飛ばして音読します。リズムなどが大体似てきたら、次の文章に移って音読します。

 このトレーニングをしてから、海外ドラマなどを字幕無しで観てみるとセリフが断然聞きやすくなったように感じられます。

 もう少し、トレーニングを続けて、効果を確認したいと思います。もしかしたら、ディクテーション以上にリスニングに効果があるかもしれません。

ソフトシェル こちらブルームーン探偵社 シーズン1&2 セット1 [DVD]
平成22年2月のトレーニング時間
2010年03月02日 (火) 22:00 | 編集
 データベースの記録によれば、平成22年2月の英語のトレーニング時間は以下の通りでした

FileMaker Pro 10 日本語版

平成22年2月
Listening /Speaking Reading/Writing Total
 36時間30分              29時間30分         66時間00分


 リスニングは、"Moonlighting"のシャドウイングで、シーズン1のエピソード1からエピソード2を行いました。あと、しばらく、なまけていた"Moonlighting"のセリフの音読も再開しました。

 リーディングでは、Randy Pauschの"The Last Lecture"、Stieg Larssonの"The Girl Who Played With Fire"を読み、1,100万語を達成しました。

 3月は年度末でバタバタしますが、これからは多読より海外ドラマのセリフの音読に力を入れていきたいと思います。
平成22年1月のトレーニング時間
2010年03月01日 (月) 21:38 | 編集
 データベースの記録によれば、平成22年1月の英語のトレーニング時間は以下の通りでした。
FileMaker Pro 10 日本語版

平成22年1月
Listening /Speaking Reading/Writing Total
 34時間00分              42時間15分         76時間15分


 今年から、リスニングでは、通勤時の車中シャドウイングは"Moonlighting"のDVDに切り替えました。1月はシーズン1のエピソード1を行いました。あと、30音英語リズムで口慣らしして、"Moonlighting"のセリフの音読も少し始めました。

 リーディングでは、Jeffrey Archerの"Kane & Abel"、Stieg Larssonの"The Girl With The Dragon Tattoo"、"Darren Shan #7"を読みました。
Powered by . / Template by sukechan.