FC2ブログ
ジェミニの英語トレーニングのブログ
 英語のトレーニングについて、いろいろと試しています。 効果のあったものを少しずつ載せていきたいと思います。
さよなら、如意の渡し
2009年07月30日 (木) 23:12 | 編集
 富山県高岡市の伏木には、小矢部川河口部を運行する如意の渡しという渡し船があります。

 最近、この船が大人気です。というのも、きたる8月2日(日)にここにかかる伏木万葉大橋が開通するため、8月3日(月)以降、この渡し船は廃止となるからです。

 この渡し船は長らく、市民の足として、高校生や年輩の方が自転車ごと乗船したりしていました。結構、この船の廃止を惜しむ声もあるようですが、毎年、赤字のため、これまで、地元自治体がそれを補填して運行していたので、仕方がないのかもしれません。

 今は、夏休みということもあり、子供連れの家族が結構、乗船しているようです。

 なお、8月2日は、如意の渡しは無料運行の予定なので、興味がある方は乗船してみてはいかがでしょう。ちなみにこの日は、伏木港開港110周年記念の伏木港まつりや伏木万葉大橋の開通式があったりして、ここらへんは賑やかになるようです。

H210728nyoi1.jpg
如意の渡し

H210728nyoi2.jpg
家族連れや自転車ごと乗船する人たち

H210728nyoi3.jpg
如意の渡しと伏木万葉大橋
Ally McbealのSeason1 Episode21のシャドウイング開始
2009年07月30日 (木) 00:59 | 編集
 7月27日から、Ally McbealのSeason1 Episode21のシャドウイングを開始しました。

 今回は、Allyの親友のReneeが起こした暴力事件の裁判の弁護人として、Johnと一緒に法廷に向かいます。
 そのとき、Georgiaが妊娠検査薬のパッケージを落とします。
 Georgiaが妊娠したのではと、Allyは、気もそぞろです。また、Reneeの裁判で、Johnはいろいろと裁判を攪乱させる作戦に打って出ます。

アリー my Love ファースト・シーズン セット2 (ソフトシェル)
9月13日のTOEIC申し込みました。
2009年07月25日 (土) 23:14 | 編集
 最近、バタバタしていますが、9月13日のTOEICに申し込みました。
例年でしたら、9月下旬に試験が行われるのですが、今年は9月19日(土)から9月23日(水)までが、シルバーウィークと連休のため、いつもより、1週間程度早まったのだと思います。

 近頃、まったく、英語のトレーニングをしていませんが、とりあえず、ディクテーション、多読をして、直前には、多分、昨年も使用した以下の対策本でドーピングすることになると思います。

出題意図が見える!TOEICテスト990点即解リスニングTOEICテスト990点即解文法―出題意図が見える!TOEICテスト990点即解リーディング―出題意図が見える!


太宰治の「人間失格」を読みました。
2009年07月22日 (水) 23:45 | 編集
 太宰治の「人間失格」を読みました。

 今年は、太宰治が生誕100周年ということで、書店に太宰コーナーがあったりします。

 数十年前の高校時代にこの本を読んでゾッとしましたが、今、読んでもゾッとします。
 冒頭の3枚の写真の描写からして薄気味悪いです。

 主人公の葉蔵は道化として生きることで、さらに自分を追いつめ、次第に転落の人生を歩むこととなります。
 
 たとえ、人から何と思われても、自分として他人の顔色をうかがって生きるのではなく、自分の信じる道を歩みたいものだと思います。
 
 戦後まもなく発表されたこの小説は、今読んでもあまり古びれたところがなく、これからも、多くの人に読み継がれることでしょう。しかし、この本、最近の小説のように短い文体でなく、1文がものすごく長く、結構読みづらい小説ですね。

 そう言えば、1ヶ月ほど前、NHKの「歴史秘話ヒストリア」で太宰がテーマになっていました。

 歴史秘話ヒストリア 太宰治

人間失格 (新潮文庫 (た-2-5))
林文子さんの「一生懸命って素敵なこと」を読みました。
2009年07月15日 (水) 23:25 | 編集
 林文子さんの「一生懸命って素敵なこと」を読みました。
 
 今年の4月に残業して家に帰って、食事をしながら、たまたまテレビをつけたら、NHK教育で「知る楽」という番組で林文子さんが出ていらっしゃいました。

 NHKの知る楽おもてなし販売論

 林さんは日本の自動車メーカーで、働きずくめでセールスをしていたが、40代のときに過労で倒れました。それをきっがけとして、その後は、比較的休みが多い外資系のBMWに入社されました。
 BMWでも、セールス・ウーマンとして活躍され、支店長に抜擢されました。支店長時代には、ショールームで、林さんの趣味である能のイベント及びその後にパーティーをして、大変、お客さんに喜ばれ、車の売り上げもアップしたということでした。

一生懸命って素敵なこと
≫ "林文子さんの「一生懸命って素敵なこと」を読みました。" の続きを読む...
「ラブソングができるまで」を見ました。
2009年07月13日 (月) 23:25 | 編集
 月曜日ですが、仕事のノリも悪いので、こんな時は、元気を出すためにラブ・コメディーをということで、「ラブソングができるまで」をレンタルして見てみました。

 ちょっとさえない中年男役のヒュー・グランドが好きですが、この映画では、なんと、アレックスという80年代のスター役です。一方、チャーリーズ・エンジェルなどにも出演しているドリュー・バリモアは、ソフィーという名の植木の世話係で登場します。

ラブソングができるまで 特別版 [DVD]
≫ "「ラブソングができるまで」を見ました。" の続きを読む...
ALTの方々の送別会
2009年07月12日 (日) 19:21 | 編集
 富山英語クラブでは、毎年夏に、これまで、クラブの国際交流イベントに参加していただいている外国の方との送別会をしています。

 今年は、3名のALTの方に送別会に参加していただきました。

 送別会は富山市内の居酒屋で行われましたが、ほとんどの会話は英語のみで、参加されたALTの方々は気さくな方なので、いろいろな話題で盛り上がりました。
「県庁の星」を見ました。
2009年07月10日 (金) 23:42 | 編集
 テレビで「県庁の星」を見ました。

 織田祐二演じる野村は、県庁のバリバリのエリート公務員として、活躍していますが、民間交流研修ということで、スーパーに派遣されます。

 公務員の世界で当たり前だったことが、民間では通らず、だんだん、職場の周りの人に疎まれます。
≫ "「県庁の星」を見ました。" の続きを読む...
築山節さんの「フリーズする脳」を読みました。
2009年07月09日 (木) 22:23 | 編集
 築山節さんの「フリーズする脳」を読みました。

 著者は、脳神経外科の専門医で、パソコンがフリーズするのと同じように人間の脳も、特定の機能が働かなくなり、フリーズすることがあるようです。

 昔は、年輩の人であれば、頭が働かないということもありましたが、最近は、20代、30代の人でもときどき脳がフリーズすることが多くなったようです。

 大学教授、システムエンジニア、フリーライターなどさまざまな職業の方々の脳がフリーズした例をこの本では、易しく説明されています。

 最近、ぼけてきたなと思ったら、一読をお勧めします。

フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる (生活人新書)
温泉三昧
2009年07月05日 (日) 22:49 | 編集
 先週の金曜日、土曜日と職場関係の高校のOB会、大学のOB会ということで、それぞれ1泊2日で県内の温泉に行って来ました。

 金曜日の晩は、高校のOB会で砺波市の庄川温泉郷の「越中庄川荘」でした。天然物の鮎を頂きながら、諸先輩方と酒を飲み、楽しかったです。ここは安いので人気があります。
越中庄川荘ウェブ

 土曜日の晩は、大学のOB会で黒部市の宇奈月温泉のサン柳亭でした。黒部川のほとりの宿で焼き蟹が美味しかったです。
この春、職場を退職された方と一緒に皆でお酒を頂いてワイワイと騒いできました。
サン柳亭ウェブ
映画"ターミネーター4"を観てきました。
2009年07月01日 (水) 11:55 | 編集
 映画「ターミネーター4」を観てきました。

 職場の人が、シュワちゃんのいないターミネーターは面白くないと言っていましたが、自分としてはそこそこ、楽しめました。

 ストーリーとしては、これまでの前3作の流れに乗っているのでしょうが、これまでとはまったく違った作りとなっています。
≫ "映画"ターミネーター4"を観てきました。" の続きを読む...
Powered by . / Template by sukechan.