FC2ブログ
ジェミニの英語トレーニングのブログ
 英語のトレーニングについて、いろいろと試しています。 効果のあったものを少しずつ載せていきたいと思います。
東京国際ブックフェアの戦利品2
2008年07月29日 (火) 23:08 | 編集
 今年のブックフェアでは、ペーパーバックが1冊500円でした。

 500円と言うことであれば、なるべく分厚い物を選びたくなる浅ましい根性です。

 洋書バーゲン会場の段ボール箱では、以前、読んだことがあるMichel Crichtonの"Prey"や、John Grishamの"Skipping Christmas"がやけに目立ちましたが、どちらも白い表紙だったからでしょうか。

 いろいろと漁りましたが、結局、20年ほど前に原書で読んだSidney Sheldonの"Master Of The Game"や、ミステリーでRobert B. Parkerの"Stone Cold"や、昔、和書で読んだJohn Grishamの"The Firm"や、ハイテク小説のMichael Crichtonの"Timeline","Airframe"

 また、恐怖小説のShephen Kingの"Dreamcatcher"や昔、和書でストロング・メデイスンなど読んだArthur Haileyの"Detective"、これも和書で読んだAgatha Christieの"And Then There Were None"や、以前和書で読んだJeffrey Archerの長編の"Kane & Abel"を買いました。

 これだけ読むには2年ぐらいかかりそうです。

H20ブックフェア
"The Complete Adventures Of Curious George"を読みました。
2008年07月27日 (日) 20:18 | 編集
 sazaechanさんにお借りしていた"The Complete Adventures Of Curious George"を読みました。

7冊がまとまった合冊本でしたが、どれも、面白かったです。最後の"Curious George Goes To The Hospital"が一番しんみりきました。

 どんなにGeorgeがいたずらをしても、最後は皆が笑って許してくれるというHappy Endなところが良かったです。sazaechanさん、すてきな絵本を貸していただきありがとうございました。

The Complete Adventures of Curious George
東京国際ブックフェアの戦利品1
2008年07月26日 (土) 23:40 | 編集
 遅ればせながら、7月12日(土)に東京で開催された東京国際ブックフェアでの戦利品の紹介をします。

 まずは、子供向けノンフィクションです。

 ブックフェア前日のオフ会でミグさんから、ソフトカバー版のEyewitnessシリーズを見せてもらいました。あのとき、書店でもほしいなと思っていた物です。ブックフェアに行ったら、ハードカバー版がありましたので、思わず衝動買いしました。左から、"Volcano"、"Rock & Mineral"、"weather"です。
eyewitness


 どれも、美しいカラー写真満載で読みやすそうです。
"Volcano"
volcano.jpg

"Weather"
weather.jpg

"Rock & Mineral"
rock.jpg
The Baby-Sitters Club:Baby-Sitters Bewareを読みました。
2008年07月25日 (金) 01:30 | 編集
 蒲郡市立図書館から相互貸借で借りたThe Baby-Sitters Club Super Mystery#1の"Baby-Sitters Beware"を読みました。

 The Baby-Sitters ClubのKristyは、早く雪が降らないかと思っていました。なぜなら、雪が降れば、Shadow Lakeというスキー・リゾートのコテッジに泊まって、思い切りスキーが楽しめるからでした。

Baby-Sitters Beware (Baby-Sitters Club Super Mystery)

YL 5.8 総語数37,113語(ジェミニ概算) 所蔵館:蒲郡市立図書館
 
≫ "The Baby-Sitters Club:Baby-Sitters Bewareを読みました。" の続きを読む...
The West Wing Season1 Episode12のシャドウイング開始
2008年07月24日 (木) 23:36 | 編集
 The West Wing Season1 Episode12のシャドウイングを7月22日から始めました。

 今回は、大統領がインフルエンザで急にホワイトハウスで倒れたり、Leoが重大発表を記者会見でしたり。そういえば、大統領夫人は、お医者さんでしたね。

 今回も、字幕なしで見てみましたが、あまり内容は理解できなかったです。

 昨年から始めたこのドラマ、8月下旬にはシャドウイング・トレーニングは終わりそうです。それぞれの登場人物の方々が魅力的で、時事問題もあり、自分にとっては面白いドラマです。

 さて、次は何のシャドウイングをしようかな。
ザ・ホワイトハウス〈ファースト〉セット1 【DISC1~3】 
The Baby-Sitters Club:Baby-Sitters' Haunted Houseを読みました。
2008年07月22日 (火) 23:46 | 編集
 蒸し暑い夏にはぞっとする怪談でと言うことで、 蒲郡市立図書館から相互貸借で借りたThe Baby-Sitters Club Super Mystery#1の"Baby-Sitters' Haunted House"を読みました。

 The Baby=Sitters Club(以下BSC)のKristyら、4名は、東海岸の港町の大邸宅に夏休みを過ごす家族の子供達のベビーシッターをすることとなりました。

The Baby-Sitters Haunted House (Baby-Sitters Club Super Mystery, 1)

YL 5.8 総語数43,789語(ジェミニ概算) 所蔵館:蒲郡市立図書館
≫ "The Baby-Sitters Club:Baby-Sitters' Haunted Houseを読みました。" の続きを読む...
"The Other Side Of Me"を読みました。
2008年07月21日 (月) 21:35 | 編集
 Sidney Sheldonの自伝である"The Other Side Of Me"を読みました。

 この自伝は、Sheldonの他の小説同様に読みやすい英語で書かれています。
 Sheldonの青年の頃の貧しい生活から話はスタートします。
 Sheldonが打ちひしがれているとき、Sheldonのお父さんに「人生は小説のようなものだ。明日何が起こるか分からない。ちょうど、小説で次のページをめくるまで話が分からないように。」と励まされます。

 せっかく大学に入ったのに、そこをやめて、靴屋の店員となったり、ホテルの電話交換手となったり。

The Other Side of Me
YL 7.0 総語数99,271語(ジェミニ概算)
≫ ""The Other Side Of Me"を読みました。" の続きを読む...
平成20年6月のトレーニング時間
2008年07月20日 (日) 12:18 | 編集
 TOEIC TEST英語学習ダイアリーの記録によれば、平成20年6月の英語のトレーニング時間は以下の通りでした。

TOEIC TEST英語学習ダイアリー


Listening /Speaking Reading/Writing Total
 35時間15分              15時間00分         50時間15分

 リスニングでは、"The West Wing"のエピソード10及び11の通勤時の車中シャドウイングが中心です。

 リーディングでは、Marvin Redpost#7,#8や、Darren Shan#6を読みました。仕事が忙しくてあまりリーディングの時間を取れませんが、暑さにめげず、今月も頑張りたいと思います。
東京国際ブックフェアへ行ってきました!
2008年07月12日 (土) 23:36 | 編集
 7月12日(土)に東京国際ブックフェアへ行ってきました。

 前日の7月11日(金)には、東京のタドキストの方のはからいで、オフ会を開催していただきました。
なんと、酒井先生も参加され、どちらかというと、図書館を利用して多読を進めている方が集まりました。

 東京都内や、その他の地区での図書館の蔵書状況、バーゲンで買ったEye Witnessシリーズのノンフィクションの本の紹介など、多読の話でいろいろと盛り上がりました。
≫ "東京国際ブックフェアへ行ってきました!" の続きを読む...
蒲郡市立図書館から相互貸借!
2008年07月11日 (金) 00:06 | 編集
 愛知県蒲郡市立図書館がこの4月から、洋書の相互貸借に応じました。
 やっと、少し、手が空いたので、高岡市立伏木図書館で、蒲郡市立図書館から相互貸借でBaby-sitters Clubシリーズをリクエストしました。

 早速、貸し出し可能のメールが届きましたので、昼の時間に借りてきました。リクエストしてから、ほぼ、2週間余りで手元に届きました。

 リクエストしたのは、The Baby=Sitters Clubの"Baby-sitters' Haunted House"と、"Baby-sitters Beware"の2冊です。結構、分厚い児童書で30,000語ぐらいあるかもしれません。

 これまで、小牧市立図書館、愛知県図書館、名古屋市立図書館などで相互貸借をしてきましたが、これからは、蒲郡市立図書館からも借りてみようと思います。

 いよいよ、明日は、7月12日の東京国際ブックフェアに行くため、上京します。
環日本海交流会館で洋書貸出開始
2008年07月10日 (木) 00:24 | 編集
 以前、タワー111にあった(財)とやま国際センターのライブラリーが、こちらへ移りました。語学雑誌、PBなどが豊富にあります。Newsweekなどの雑誌を除いて貸出可能です。

 環日本海交流会館の場所は以下のマップをご覧願います。
英語多読者向け図書館・書店マップVer.2
インディ・ジョーンズ4を観てきました。
2008年07月09日 (水) 01:23 | 編集
 レイト・ショーでインディ・ジョーンズ4を観てきました。

 1,2,3は面白かったのですが、今回は、自分としては、ちょっと合わなかったですね。この20年間にいろいろと面白い映画を見たせいかな。

 秘宝物では、ナショナル・トレジャー2の方が良かったと個人的に思いました。

http://www.indianajones.jp/top.html
多読金沢オフ会に行ってきました!
2008年07月08日 (火) 00:50 | 編集
 7月6日(日)に金沢多読オフ会に行ってきました。

 お世話されたプリンさん、どうもありがとうございました。また、遠方からいらっしゃったかのんさん、グルメさん、沢山の本の紹介ありがとうございました。

 昨年の12月以来、ほぼ半年ぶりに参加しましたが、皆さん、ちゃくちゃくと多読・多聴を実践されているようです。

 今回、自分は、Oxford FactFilesの"The Olympic Games"や"Who Was"シリーズの"Who Was Louis Armstrong?"や児童書では、"The Water Horse"、"A Little Princess"、PBでは、"Not A Penny More, Not A Penny Less"などを紹介させていただきました。 

 今回、本のみでなく、音声面のお話を伺えて面白かったです。
Darren Shan #6読みました。
2008年07月06日 (日) 19:42 | 編集
 ハーフバンパイヤの物語Darren Shan #6(The Vampire Prince)を読みました。

 今回は、バンパイヤ・マウンテンを逃れたDarren Shanですが、けがを負って動けないとき、狼に助けられます。その後、Darrenは、Vampanezeの企みを知り、自分の身の危険を冒して、バンパイヤ・マウンテンへ戻ります。

 久しぶりに読んだため、登場するVampire達の名前を忘れており、ちょっと読むのがつらかったです。

The Vampire Prince (Saga of Darren Shan)
英語多読者向け図書館・書店マップのアクセス数5000突破!
2008年07月03日 (木) 01:04 | 編集
 今年1月に公開した英語多読者向け図書館・書店マップver.2ですが、おかげさまで、7月2日で5000を越えました。

 5月19日に都道府県別登録スポット集計表、スポット登録時の確認画面を追加しましたが、スポット登録も少しずつされているようです。

 都道府県別登録スポット集計表を見ると、まだ、全国レベルでは空白地帯がいっぱいあります。
 また、新しいスポットが見つかった場合、登録していただければ助かります。
「脳を活かす勉強法」を読みました。
2008年07月01日 (火) 21:11 | 編集
 最近、また、いろいろと自己啓発本を読んでいます。
 茂木健一郎さんの「脳を活かす勉強法」は、さすがに脳科学者だけあり、どうすれば、脳味噌が喜ぶ勉強ができるかという視点で書かれています。

 子供に勉強しろと言うだけでなく、勉強することは面白いのだよと教えることができれば、最高なのですが、なかなか、難しいです。

 多読の話として、茂木さんは、高校時代、「赤毛のアン」シリーズが好きだったので、原書を辞書も引かずに何冊も読んだら、あるとき急に読むのが楽になったというエピソードがありましたが、これは、なかなか、普通の人はまねできないと思います。

脳を活かす勉強法
Powered by . / Template by sukechan.