FC2ブログ
ジェミニの英語トレーニングのブログ
 英語のトレーニングについて、いろいろと試しています。 効果のあったものを少しずつ載せていきたいと思います。
Marvin Redpost #8を読みました。
2008年06月27日 (金) 00:13 | 編集
 またまた、愛知県小牧市立図書館から相互貸借で借りたMarvin Redpostシリーズです。

 Marvinは、クラスで隣の席のCaseyから、家に遊びに来ないと誘われました。なんと、Caseyの家は昔、消防署の建物でした。その証拠に4階から1階へ素早く降りるためのポールが備え付けられています。

A Magic Crystal? (Marvin Redpost)
≫ "Marvin Redpost #8を読みました。" の続きを読む...
Marvin Redpost #7を読みました。
2008年06月26日 (木) 23:04 | 編集
 久しぶりに愛知県小牧市立図書館から相互貸借で借りたMarvin Redpostシリーズです。

 Marvinは、友達にそそのかされ、いつの間にか、Suicide Hillという恐ろしい坂道を買ったばかりのマウンテンバイクで降りることになりました。Marvinは、実は、自分のマウンテン・バイクのきちんとした乗り方を知っていませんでした。

 いつの間にか、クラスメート皆がそのことを知っており、後に引くに引けなくなりました。

 臆病と言われたくない一心で、いろいろと考えるMarvinが面白かったです。

Super Fast, Out of Control (Marvin Redpost)
「日本人の美徳」を読みました。
2008年06月24日 (火) 23:10 | 編集
 櫻井よしこさんの「日本人の美徳」を読みました。
彼女は、ずっと以前に「今日の出来事」のキャスターもされていたのですが、現在は、もっぱら評論家として活動をされています。

 日本の伝統文化の美しさ、優しさや英語は日本語ができるようになってからなど、今日の国際社会にあっても、まず、自国のことを知ることから始めるべきということのようです。

 櫻井さんのお母さんはきれいな日本語を使われたそうで、その影響もあって、若いときの櫻井さんは日記にもきれいな優しい日本語ほ使われていたそうです。

 ときたま、テレビで櫻井さんを拝見しますが、おとなしい口調で結構はっきりと日本はこうあるべきという話をされています。

日本人の美徳 誇りある日本人になろう (宝島社新書 262) (宝島社新書 262)
The West Wing Season1 Episode11のシャドウイング開始
2008年06月23日 (月) 21:59 | 編集
 The West Wing Season1 Episode11のシャドウイングを今日から始めました。
 今回は、軍事的な話題でした。インドとパキスタンの紛争、それを和解させるために大統領は各国、隣国の大使をホワイトハウスに招いて、事情を聞いたり。

 ホワイトハウスの職員に薬中毒者がいるということで、Joshが尋問されたり。

 このドラマ、これまで、ずっと、初回は、内容確認のため、字幕付きで見てから、シャドウイングしていましたが、今回は、字幕なしで見て、なんとなく、話が分かりました。

 自分にとって、すごく、嬉しい瞬間でした。こういう瞬間を味わうために、100%分かるわけではありませんが、シャドウイングを続けてきて良かったと思います。



ザ・ホワイトハウス〈ファースト〉セット1 【DISC1~3】 
"Hillary Clinton: An American Journey"を読みました。
2008年06月18日 (水) 23:29 | 編集
 Obamaさんとの勝負はついてしまいましたが、Hilaryの伝記本を読みました。

 裕福な家庭に育ったHilaryですが、両親に厳しくしつけられ、若いときから頑張り屋だったようです。また、大学生時代にはStudent Presidentに立候補して、見事当選したりしています。

 彼女の自叙伝である"Living History"はちょっと長いので読むのが億劫と思ったら、この本で概略を知ることができます。

Hillary Clinton: An American Journey
"Barack Obama : An American Story"を読みました。
2008年06月17日 (火) 23:12 | 編集
 民主党の大統領候補であるObama氏の子供向けの伝記です。

 Obamaさんに関しては、まったく、今まで、知らなかったのですが、この本で、概略をつかむことができました。しかし、Obamaさんは、良い笑顔です。アメリカという国は子供にまで、政治に関する本があるのですね。びっくりしました。

Barack Obama: An American Story
"Small Steps"を読みました。
2008年06月16日 (月) 01:42 | 編集
 Louis Sacharの"Holes"の続編である"Small Steps"を読みました。

 Camp Green Lake少年院を出たArmpitは、きちんと生活するためにいくつかの小さなゴールを設けた。

 まじめに水道工としてアルバイトしていたArmpitに、少年院での知り合いのX-rayが儲け話を持ち出した。

 人気歌手Kairaのコンサートに行くことになったArmpitは、そこでとんでもないトラブルに巻き込まれてしまいます。

 前作"Holes"より、テンポよく話が進んで、すらすらと読むことができました。

Small Steps
「ルネサンスとは何であったのか」を読みました
2008年06月15日 (日) 00:24 | 編集
 久しぶりに世界史に関する本を読みました。
 著者の塩野七生さんは、ローマ人の物語で有名ですが、これは、ルネサンスに関する話です。対話形式でルネサンスの起源やルネサンスの立て役者はダ・ビンチやミケランジェロなどの芸術家と一般に臣割れているが、実は、宗教家や政治家がまずそのきっかけを作ったのだという話は新鮮でした。メディチ家の莫大な資金を元にフィレンツェで開花したルネサンスが、ローマ、ヴェネツィアと舞台を移して発展していきます。

 当時の芸術家は、絵画や彫刻だけでなく、教会の建築家でもあったのは、驚きです。

 フィレンツェやローマ、ヴェネツィアというルネサンスの舞台を巡っての対談の後に巻末には、ルネサンスの主役たちの略歴もあります。

 若いときに訪れたローマのサンピエトロ大聖堂にまた行ってみたくなりました。

ルネサンスとは何であったのか (新潮文庫 し 12-31)
平成20年5月のトレーニング時間
2008年06月14日 (土) 23:21 | 編集
 TOEIC TEST英語学習ダイアリーの記録によれば、平成20年5月の英語のトレーニング時間は以下の通りでした。

TOEIC TEST英語学習ダイアリー


Listening /Speaking Reading/Writing Total
 36時間15分              21時間30分         57時間45分

 リスニングでは、"The West Wing"のエピソード9及び10の通勤時の車中シャドウイングが中心です。

 リーディングでは、ノンフィクションでCarl Saganの"Cosmos"を読みました。

 連休があったおかげで、リーディングの時間が取れましたが、連休以降は仕事が忙しく、あまり、英語のトレーニングはできませんでした。
"Not A Penny More, Not A Penny Less"を読みました。
2008年06月07日 (土) 19:28 | 編集
 Jeffrey Archerの"Not A Penny More, Not A Penny Less"(邦題:百万ドルを取り返せ!)を読みました。

 若い頃に、日本語版を読んで面白かったので、今回、英語版にチャレンジしてみましたが、結構、難しかったですね。

 アメリカ人のHarveyは、ペーパーカンパニーの石油採掘会社を立ち上げ、若い営業マンを使って、その株は儲かると思わせて、Oxford大学の研究員であるStephanを初めとして4名に株を大量に買わせます。しかし、株の暴落を機に、今度は、株を買って大損したStephanが中心となり、残り3名を集めて、Harveyから、株で損した金額をきっちりだまし取る作戦に出ます。

 プロットは面白いのですが、ちょっと自分の英語力では楽しむまでには至りませんでした。

Not a Penny More, Not a Penny Less
SSS書評システムより 総語数73,117語 YL9.5
Powered by . / Template by sukechan.