FC2ブログ
ジェミニの英語トレーニングのブログ
 英語のトレーニングについて、いろいろと試しています。 効果のあったものを少しずつ載せていきたいと思います。
花より団子
2011年04月20日 (水) 00:30 | 編集
 先週の日曜日、やっと富山県にも春が訪れたようで、高岡市の古城公園で外国の方と花見をしました。
そのとき、団子を持っていったのですが、残念ながら、団子はあまり、外国の方に受けが良くなかったようです。

 ついでに、日本語で「花より団子」とはどういう意味か知っていますかなどと海外の方に尋ねてみたところ、「花より男子」というドラマの事を思い出すみたいです。自分はまったくこのドラマのことを知らなくて、すごくジェネレーションギャップを感じました。

 とにかく、今年は満開の桜でいつもよりずっと花見客が多かったようです。

P4170040.jpg


P4170042.jpg
副島隆彦さんの「世界権力者人物図鑑」を読みました。
2010年12月23日 (木) 17:38 | 編集
 副島さんの本を読んでみると、よくジャパン・ハンドラーのことなど出てきたりしますが、この本はアメリカ、ヨーロッパなどの権力者を大きな写真付きで解説されています。

 なかなか、通常の新聞やテレビなどのメディアではこのような情報がないので、貴重だと思います。日本はうまく海外の実力者から操られていると思うと、すごく寂しくなりますが・・・。

世界権力者 人物図鑑 世界と日本を動かす本当の支配者たち
井沢元彦さんの「人類を幸せにする国・日本」を読みました。
2010年12月13日 (月) 23:26 | 編集
 井沢元彦さんの「人類を幸せにする国・日本」を読みました。

 井沢元彦さんは、歴史ミステリーや「逆説の日本史」などで有名な方です。しかし、この本は、現代日本の科学技術の紹介をされています。日本の技術により、どんなに世界の人々が幸せになったかという話です。

人類を幸せにする国・日本(祥伝社新書218)
≫ "井沢元彦さんの「人類を幸せにする国・日本」を読みました。" の続きを読む...
アレックス・カーさんの「美しき日本の残像」を読みました。
2010年10月11日 (月) 19:06 | 編集
 著者のアレックス・カーさんは、子供の時に日本の家にあこがれ、学生時代の1970年代に日本に留学し、その後、四国の秘境、祖谷にはまったりします。

 もう、その頃の日本の田舎は、電線、看板、コンクリートに汚染されていました。また、日本の住宅にも、アルミサッシや蛍光灯が入り込み、伝統的な住まいがなくなってきていました。

美しき日本の残像 (朝日文庫)
≫ "アレックス・カーさんの「美しき日本の残像」を読みました。" の続きを読む...
李御寧さんの"「縮み志向」の日本人"を読みました。
2010年02月27日 (土) 22:00 | 編集
 李御寧さんの"「縮み志向」の日本人"を読みました。この本は、20年以上前、学生社から単行本で出たとき、一度読んで面白かった覚えがあります。残念ながら、その本は引っ越しする際処分してしまいました。

 先日、たまたま、書店の講談社学術文庫のコーナーに平積みされていたので、おもわず、買いました。

 著者は、韓国人で、日本文化に造詣が深く、韓国の大学教授のときにこの本を日本語で書かれたようです。

 表紙にもある扇子ですが、ウチワが中国や韓国から日本に来ると、折り畳み式の扇子となり、持ち運びに便利な物となりました。そして、その扇子は、中国、西洋諸国に逆に輸出されるようになります。

「縮み」志向の日本人 (講談社学術文庫)
≫ "李御寧さんの"「縮み志向」の日本人"を読みました。" の続きを読む...
Powered by . / Template by sukechan.