FC2ブログ
ジェミニの英語トレーニングのブログ
 英語のトレーニングについて、いろいろと試しています。 効果のあったものを少しずつ載せていきたいと思います。
"I Am Malala'を読みました。
2020年03月23日 (月) 00:54 | 編集
 ノーベル平和賞を受賞したパキスタンの人権運動家のMalalaさんの自叙伝を読みました。

 冒頭は、あの事件から始まります。Malalaさんは、アフガニスタンに近いパキスタンで、教育者のお父さんの文字が読めないお母さんの間に生まれました。

 若いときから、お父さんが学校を苦労して運営しているのを見て、自分も、男の子だけでなく女の子も教育が必要と考え、熱心に勉学に励みます。

 自然災害やタリバンなどいくつもの災難がありますが、後半、あの事件以降は、読むスピードが上がりました。 
 若いのにパキスタンの歴史、政治情勢などしっかりと描かれており、びっくりしました。パキスタンの人名、地名はなじみがなく、多少その点では読みにくかったのですが、一貫して女の子の教育推進の熱い思いが描かれています。 

"Factfulness"を読みました。
2020年01月04日 (土) 22:51 | 編集
 正月休みを利用して、昨年度のビジネス書ベストセラーであるHans Roslingの"Factfulness"を読みました。

 著者は、スウェーデンのお医者さんで、アフリカなどでいろいろと治療に携わってこられました。まず、自分が、どれだけ、世界の現状を知っているか、13個の三択問題で試されます。

 うーん、全然だめでした。猿より悪い。昔学校で習ったことままの知識や、誇張されたニュースなど浴びているせいで、現状をきちんと把握できてないようです。驚くべきことに、この現象は、ノーベル賞受賞者のような優秀な方々でもその傾向があるようです。

 なぜ、バイアスがかかった見方をするようになるかの原因について、10の観点から述べています。各観点の最初に、著者の経験談や失敗談があり、これも面白かったです。

 インターネット時代、各種情報が簡単に手に入るので、いかに活用していくが、大切なようです。各国の発展具合を追うため、次のサイトが紹介されていました。
 https://www.gapminder.org/tools/

Factfulness: Ten Reasons We're Wrong About The World - And Why Things Are Better Than You Think (English Edition)
洋書データベースを更新しました。
2019年11月11日 (月) 22:22 | 編集
 この11月にサーバーを移転したところ、洋書DBに文字化けが発生しました。
やっと、修正しました。併せて、洋書データベースの内容も11月11日現在にアップデートしました。

ジェミニの洋書データベース
"Who Was Alexander the Great?"を読みました。
2019年10月15日 (火) 00:06 | 編集
 アレキサンダー大王の子供向け伝記です。

 ギリシアの上のマケドニアに生まれアレキサンダーは、父親フィリップが殺害されると王につき、エジプトやペルシャと戦い、次々に自分の帝国に組み込んでいきます。彼の天才的な戦法でアレキサンダー大王は勝ち続けていきます。

 世界史で名前は知っていましたが、アレキサンダー大王の生涯をコンパクトに知ることができました。

Who Was Alexander the Great? (Who Was?)
Steven Johnsonの"Wonderland: How Play Made the Modern World"を読みました。
2019年08月25日 (日) 18:37 | 編集
Steven Johnsonの"Wonderland: How Play Made the Modern World"を読み終わりました。

 前作の"How We Get To Now"は、現代社会を築くイノベーションの話でしたが、今回は、娯楽がイノベーションを引き起こしたという話です。

 有名なのは、香辛料が、コロンブスなどの大航海時代を導いた話などあります。あの当時、香辛料はインドネシアを中心に生産されていましたが、オランダがそれを独占しており、香辛料はものすごく高価なものだったようです。

 ファッション、音楽、味覚、幻想、ゲーム、公共の広場の6つのテーマについて、娯楽からの歴史的なイノベーションが述べられています。
 
 個人的には、前作の方がずっと面白かったです。

Wonderland: How Play Made the Modern World
Powered by . / Template by sukechan.